2022年度日本郵便年賀寄付金配分事業 親子で学ぶeスポーツ子ども塾

親子で学ぶeスポーツ子ども塾 参加者募集
子ども塾会場風景写真 子ども塾会場風景写真 子ども塾会場風景写真 子ども塾会場風景写真
「eスポーツ子ども塾」ではeスポーツ利用上のルールやネットリテラシーを親子で正しく学ぶことにより、考える力とコミュニケーションの大切さを育成する事業です

コンテンツ産業を日本における成長分野の一つとしてこれまで牽引してきた部門の一つはゲーム産業であり、今、その中心的な存在として e スポーツへの期待が高まっています。 eスポーツは今年8月にジャカルタで開幕された「アジア競技大会」の公開競技として行われ、2022年の中国での「アジア競技大会」でも正式な競技種目に選ばれました。日本では2019年茨城国体で「eスポーツ選手権」が開催され、国内外で注目を集めています。

コミュ力の向上、ビジネス感覚、デジタルリテラシー、チームワーク、考える力、グローバル感覚、クリエイティビティ

当NPOでは、年賀寄附金事業として2014年度「児童生徒及びその保護者のLINEによるトラブル対処のための相談事業」、2015年度には大学教員、臨床心理士、システムエンジニアなど多彩なメンバーによる「サイバー探偵団」結成、2018年度「子どもたちの情報リテラシーを育むためのサイバー探偵団子ども塾事業」を実施した。

現在は、和歌山県内の小・中・高等学校への「さいぱと君出前講座」や「さいぱと君ニュース」の配信を実施している。

このような実績をベースに、「eスポーツ子ども塾」を開催し、できるだけ早い時期に利用上のルールや危険性を正しく学ぶことにより、親子でネットリテラシー向上に繋げたいと考えております。

スケジュール:2022年7月~2023年1月(全5回開催)

現在募集中のeスポーツ子ども塾はこちら

開催したeスポーツ子ども塾の内容と講座風景

さいぱと君イラスト 第2回 2022年8月9日 講師:和歌山大学教育学部 教職大学院 教授 豊田充崇 先生
第2回eスポーツ子ども塾 セミナー風景 第2回eスポーツ子ども塾 セミナー風景 第2回eスポーツ子ども塾 セミナー風景 第2回eスポーツ子ども塾 セミナー風景
第1回 2022年7月26日 講師:NPO情報セキュリティ研究所 代表理事 臼井義美、研究員 西庄 恵介 さいぱと君イラスト
第1回eスポーツ子ども塾 セミナー風景 第1回eスポーツ子ども塾 セミナー風景 第1回eスポーツ子ども塾 セミナー風景 第1回eスポーツ子ども塾 セミナー風景

第1回 eスポーツ子ども塾ブログ

臼井のコンピュータ歴とeスポーツの歴史

感染が疑われる者が発生した場合の対応策

・事前に最寄りの保健所に相談し、受け入れ候補病院を整理しておきます。

・感染が疑われる者には、対象者に接する人を最低限にした上で、最寄りの保健所に連絡をし、指示を仰ぎます。

田辺保健所 9:00~17:45平日のみ TEL 0739-26-7933

和歌山県コールセンター 24時間対応(土日祝含む)TEL073-441-2170